• ホーム
  • 早漏は果たして良くないことなのか

早漏は果たして良くないことなのか

薬を飲んでいる男性

早漏のことを深刻に悩んでいる男性というのは多いものですが、果たしてすぐに射精をしてしまうのは悪いことなのかという問題があります。
早漏の一番の大きな問題というのは、相手を満足させる前に終わってしまうため相手に不満が残ってしまうというのがありますが、逆に言えば相手が満足しているのであれば持続時間を気にすることはないといえます。
極端に言えば一分しか持たなくても、それで相手が十分に満足をしているのであれば誰にも迷惑をかける訳でもありませんし、早漏防止を心がけるほど特に問題もないように感じます。
次に単純に本人がもう少し長く楽しみたいというケースですが、これに関しては完全に本人だけの問題ですからやはり気にするようなことはありません。
当人からすれば深刻な悩みかもしれませんが、他の人からすれば全く気にならない問題というよりは、問題になっていることすら周りに悟られることもありませんから、後は本人が出来るだけ長持ちするように努力をしていけばいいだけなので全く悪いことではありません。
ただし、性行為というのは相手があってこその話ですから相手が満足していないのに、男性ばかりがさっさと射精をして満足してしまうようでは相手に不満が残ってしまうことになりますから、このようなケースでは早漏は良くないということになってしまいます。
どうしても早漏が気になるという方は、ダポキセチンという成分が含まれている早漏治療薬を使うと良いでしょう。
プリリジーを通販で購入することも出来ます。
最近はジェネリック医薬品であるスーパーPフォースやスーパーカマグラなども人気で、非常に気軽、そして安価に治療に取り組むことが出来るようになりました。
スーパーカマグラには先ほど紹介した早漏に効果のあるダポキセチンとバイアグラなどに含まれる有効成分シルデナフィルの両方が配合されています。
ダポキセチンによる早漏改善効果とシルデナフィルによる勃起促進効果の2つを併せ持っているため、早漏治療にはおススメの治療薬の一つです。
このように、スーパーカマグラは夜の悩みを解消してくれますので、少しでもEDや早漏に対して悩みがあるなら使ってみてはいかがでしょうか。
すぐに射精をしてしまう場合であっても相手に対する気遣いがあって、なんとかしようという姿勢を見せるのであれば良好な関係を気づいていくことはそれほど難しくありませんが、相手を単なる性欲解消の道具程度にしか思っていないような扱いをしてしまいますと不仲の原因となってしまうのでこれはいいこととはいえません。
そのため、自分勝手な早漏であればそれは良くありませんが、そうでなければ悪いことではないのです。

アーカイブ
サイト内検索