• ホーム
  • 早漏だと思う基準はあるのか

早漏だと思う基準はあるのか

悩んでいる男性

早漏の基準というのは結局のところ相対的なものであり、絶対的なものはありません。
相手のいることですから相手がどれだけ満足をしているかが重要であり、挿入してから30秒で射精をしてしまうようなことがあっても相手が満足していればそれで問題ありませんし、逆に1時間持ったにしても相手が短いと思えば早漏だといえるでしょう。
また、本人の考え方もあり相手が満足していても本人が長く楽しみたいのにすぐに射精をしてしまうのであれば、それは早漏ということになってしまいます。
そのため、平均的に見て短いといえる時間はある程度共通するものがあったとしても、絶対的な基準というのは存在していません。
それでは平均的に見ればどのぐらいから早漏だと思われてしまうかとなると、日本人の場合には3分程度で射精をしてしまう場合早いと捉える人が多い傾向にあります。
もちろん、実際に正確な時間をはかって早漏かどうかを判断しているわけではありませんから個々の感覚の問題となってしまいますが、多くの人は3分程度で射精をしてしまうと早いと感じる傾向にあるといえます。
また、国際的な学会で治療の必要があるとされる早漏の基準としては1分というものがあり、これだけの短時間で射精をしてしまう場合は早漏として扱われることになります。
しかし、最初でも上げたようにこれらはあくまでも絶対的な基準ではありませんから、当事者が気にしていないのであればあまり悩むことはなく、深刻に考え過ぎないことが大切です。
すぐに射精をしてしまうからといって、健康などに特別悪い影響などが出るわけではありませんから当事者が問題視していなければ人にとやかく言われる問題でも無いため気にする必要はないのです。